指導日記

講道館、安田学園で柔道の指導をしている高野のブログです
<< 高校生学年別団体戦 | main | 日本マスターズ柔道大会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
秋季墨田区民大会
12日の日曜日に秋季墨田区民大会が行われました。
春季に引き続き、両国倶楽部のほとんどが参加いたしました。
今回は、新井先生の頴秀会(エイシュウカイ)も両国倶楽部に加わり、参加していただきました。
昨年は、3位、春は2位、と入賞者を出していましたので、今回は優勝を、なんてことは考えずに、怪我なく楽しく試合ができればという気持ちでした。
特に、初試合の子が数名おりましたので、礼法、服装だけはきちんとしてほしいという願いでした。
一般の部で春は3位だった僕は、リベンジと思い申し込んだのですが「3段まで」という規定があったのか、設けられたのかで参加できませんでした。。。
今回は監督と審判です。5669のお下がりのC級エンブレムを胸に、気分だけS級で審判に臨みました。余談ですが、僕がB級になる頃には、5669はA級になっているでしょうから、エンブレムを買う必要がありません。

試合のほうは、二年生のソウジロウとユリナがベスト8で最高の成績でした。
ほかの子たちもずいぶん力をつけて来てはいるのですが、やや組み合わせに恵まれず、早い時点で敗れてしまいました。
動画はユリナの試合の模様です。

ユリナは始めて半年くらいです。将来有望な女子です。
審判のぐだぐだ加減は区民大会ならではですね・・・
ユリナが中学生になる頃には安田も共学になっているかな・・・

今回は無事に終了といいたいのですが、そうでもありませんでした。
6年生男子の試合。
新井先生のところの子が、長身からかける足の高い大外刈(払い腰)をかけます。
数回かけていると、相手が軸足を内側から刈って倒しました。

審判「技あり」
新井先生「あ〜むかっ、反則だろ!」

審判集まって協議するも変わらず。

しばらくすると、また同じことが。

新井先生「警告、もしくは反則負けむかっ!」

審判協議の結果、「注意」
そのまま時間となり、相手選手の勝ちとなりました。

新井先生「○×&△$#■○×*▲×・・・・むかっ
興奮収まりません・・・

その後、主審をされていた先生のところへ歩み寄り説明を求められたので、まあ、第三者的な顔して聞き耳を立てていると、
他の審判員「お宅どちらの道場ですか?道場主を通してきてください!」
新井先生「両国倶楽部です!(キッパリ)」
おいおい、第三者じゃないじゃないか・・・

結局、審判長からその試合の審判3名に誤審であるとの説明と注意をしていただいたようでした。

その試合の勝ち負けではなく、相手の選手もルールを知らずに試合をしているわけで、そういった面からも正しいジャッジが求められると思いました。

次回参加予定は、11月3日の安田杯です。
これは高学年の団体戦です。ホストチームとして立派に戦いたいと思います。


| 高野 賢司(たかの けんじ) | 両国倶楽部で | 12:42 | comments(11) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:42 | - | - |
A級エンブレムを購入した直後に紛失したm先生、
再度、購入し直したんですが、その紛失したエンブレムを
僕が発見しました(笑)

いまm先生は2個持っているので、A級取得したあかつきには1個もらおうと思います。
| 5669 | 2008/10/14 1:08 PM |

日曜日は大変お世話になりました。有り難うございましたm(__)m

お願いして出させて頂いたのにお騒がせしてしまってm(__)m
でも、あの判定は無いですよね?
危険行為なんだから取らないと掛けられた子の為にも、掛けた子の為にもなりません。
子供が一生懸命なんだから大人も真剣にやらないと子供が可哀想です。
ちなみに審判長からも当該審判員からも何の説明も有りませんでした(T-T)

それからキッパリと「両国倶楽部です!」と言う前に先生と目が合いOKをもらったと(アイコンタクトってやつですね?)思いましたので(^^ゞ
| 新井先生 | 2008/10/14 4:34 PM |

何か後味の悪い大会になっちゃいましたね。あまりにもお粗末な審判達でしたね…。
| ガツ | 2008/10/15 7:35 AM |

>5669
ああ、いいですね。なるべくお下がりがいいですよね。
M先生がS級になったらもう一個のもらうようにキープしとかないと・・・

>新井先生
お疲れ様でした。
墨田区柔道会の一員として今後は改善していきたいと思います。
アイコンタクトはありませんでした。恐くて先生の顔見れませんでしたから・・・

>ガツ先生
それほど後味悪くなかったです(笑)
区外からの参加者も多いので、審判はちゃんと勉強しないといけませんね。
ゼスチャーでさえいい加減な人もいますから・・・
| たかの | 2008/10/15 8:46 AM |

ユリナちゃんの、元気な攻めて攻めて柔道は気持ちいいですね^^見ていて力が入りますよね^^
試合も圧勝でしたし、ホント将来有望!!

安田が共学になっていたら、スカウトですね^^



私もユリナちゃんの柔道を見習いたいと思います。
| OK | 2008/10/15 11:41 AM |

OKさんに同じく!私も見習います!!
| 京太郎 | 2008/10/15 6:14 PM |

>OKさん
試合頑張ってくださいね。応援に行きたかったのですが、望星旗という小学生の試合の引率に行かなければならないので残念です。
吉報をまってます。

>京太郎さん
区民大会出られるのですか?
行きたかったな〜。
| たかの | 2008/10/15 11:23 PM |

こちらの区民大会も3段までなので
出れません・・・

安田杯も頑張って下さい。
見学に行きます!
| 京太郎 | 2008/10/18 7:58 AM |

ごぶさたしております。
N宮J道教室のM本です。

私もB級ライセンスを取得し、日々ジャッジの修業をしております。

上記の事案の場合(見ていませんので何とも言えませんが)、講道館柔道試合審判規定では確かに警告または反則負けですね。

私たちの地区(ローカルな試合)では、少年柔道の場合、すぐ反則の宣告はせず、まず口頭での指導から始める場合が多いです。

事前申し合せでだいたいそう決まります(最近では審判会議でも口頭で説明後、反則をしっかりとる方針になってきていますが・・・・)。

しかし、今回の場合は、口頭での指導にしても、反則をとるにしても、「技あり」が取り消されていませんね。

軸足を内側から払ったためで転んだ「技あり」なら、当然、取り消されるべきですよね。


ところで、明日、高野先生が出場した某大会があります。
私は審判を修業しに行くのですが、M尾は選手として出場します。
しかし、一般は、数年前から団体戦ではなくなり個人戦だけになりました。
しかもくくりは「高校生以上の部」です。(笑)

なぜ久しぶりにお邪魔したかというと、私もブログを始めましたので宣伝にきました。

アクセス→http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/37826688/

ではまた
| M本 | 2008/10/19 1:12 AM |

>京太郎さん
お待ちしております。

>M本さん
審判、頑張ってください。
ブログはリンクさせていただきます。
| たかの | 2008/10/20 8:04 AM |

リンクありがとうございます。
差し支えなければ私もリンクさせていただきます。

ではでは
| M本 | 2008/10/20 3:59 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ