指導日記

講道館、安田学園で柔道の指導をしている高野のブログです
<< 嘉納治五郎師範に学ぶ 村田直樹著 | main | お母さん代り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
柔道の専門家に告ぐ 嘉納治五郎

創刊期の雑誌柔道より。
師範は、柔道の専門家とは3種類に分類できると書いておられる。
第一に、今日の柔道を一層完全なものに仕上げようと研究に従事する人(現在はそういう人はいないかな?講道館の先生?)、第二に体育の方面とか、精神修養の方面、または攻撃防御の方面とかに就いて攻究し、あるいは教授することを職業とする人(大学の先生や警察の師範とか?)。
第三に多数の学校や道場で実際に教えている人(中高の先生や、道場の先生など)。
ここで師範は、第三の多くの道場などの先生に、柔道指導に当たってのあり方を説いておられる。
第一に大事なことは、初心者に怪我をさせぬことはもちろん、苦痛を感じさせないようにしなければならないと。
初心者は、怪我をしないまでも痛かったり苦しかったりすると稽古をやめてしまうからだと。子供は子供、大人は大人なりに細心の注意が必要だと。
それには、指導方法を工夫し、自分の努力を惜しまぬようにせよと書かれている。そして、興味を起こさせるべく努力しなければならないとも書かれている。
そして、練習相手が適当であるかなどにも気を配り、何よりも危険を回避することに注意しなければならないと。
精神面では、稽古をまじめに取り組ませることにより、社会生活全般においてもまじめな態度を取れるようになるものである。
なので、教師は威厳を持って生徒がまじめに稽古に取り組むような人間でなくてはならない。
教師に威厳が無いと、生徒は不行儀になり、無駄話をしたり遊んでしまったりするものだと。柔道の技、知識はもちろんのこと人格的にも認められるよう修行努力し続けなければならないと。

初心者をたたきつけて怪我させてしまったり、亡くなってしまったり。
生徒が言うことを聞くようにするために、暴力や暴言をはなったり。
現代の柔道指導者にも師範が警告してくださっていますね。
| 高野 賢司(たかの けんじ) | 大人のための柔道講座 | 22:42 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:42 | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ