指導日記

講道館、安田学園で柔道の指導をしている高野のブログです
<< 10/2の検査結果 | main | 東京居残り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
石下大会
先日の望星旗に続き、昨日は石下大会に監督代行で行ってまいりました。
石下といえば、大学生のとき交代で指導のお手伝いに来ていたという思い出の地でもあります。(当時、筑波大の柔道部員が3人づつ交代で週3日くらい指導に行ってました)
亡くなられた小林先生との思い出は、「高野先生、打ち込みを見せてください〜(茨城弁)」といって、先生が受けるのですが、わざと腕をものすごい力で突っ張っているので技が入りにくいといういたずらをされていたことや、稽古が終わった後、何件もはしごして飲み食いさせられた、いや、ご馳走になったことや、先生のご自宅に泊めていただき、高級ブランデーを何本も空けてしまったことなど数え切れないくらいです。
そんな思い出の石下にまさか少年柔道の監督としてくるとは思いもしませんでした。
カーラジオの天気予報では「現在の気温は8度と寒い朝となっております」とのことであったが、車の外気温は4度。温暖化で暖かくなっていると思っていましたが、そうではなく東京が暖かいのだということを知りました。
今回は、小学生低学年(3年生以下)、高学年(4年生以上)、中学生男子、女子のそれぞれABチームで合計8チームが参加しました。
それを最初は僕一人で監督するはずだったのですが、小室先生が「先輩一人では大変ですよ。」ということで一緒に来てくれました。さらにドクター朝比奈がコーチとして入ってくださったので何とかやりくりできたという感じです。本当に助かりました。
開会式が9時から始まり、小野ちゃんの長〜い挨拶が終わりそろそろ試合かななんて思っていますと、周辺がざわつき始め何かと聞くと、昨年の優勝カップを忘れてきたというではありませんか。引継ぎをまったくせずに乗り込んできたひずみが早速現れました。
取りにいくわけにも行かず、大会本部には平謝りで何とか後で送るということにしていただきました。内心、うちがまた優勝すればいいんだろって思いましたが・・・

そんなこんなで試合は始まり、残念ながら低学年Bは緒戦で敗れてしまいましたが、そのほかは順調に勝ち上がり、高学年Aと中学女子Aが決勝戦に残りました。中学女子Aは0−1で敗れはしたものの、1年生主体のチームでの準優勝は立派でした。高学年Aは1−1の内容で主催の石下チームを僅差で破り、みごと連覇を成し遂げました。カップを送らなくてすんで本当に良かったです。それだけが心配で・・・
高学年Bも体格のいい会田道場に残念ながら敗れたものの、皆いい動きをして健闘したと思います。
中学男子は、・・・ごめんあまり良くみてませんでした。でもがんばったはずです。

さて、この日一番の盛り上がりを見せたのは低学年Aチームです。特攻野郎Aチームと言い換えても過言ではありません。
彼らは、緒戦を全員抑え込みの5−0で圧勝し、次の相手明野チームを観察していました。明野はかなり体格がよく、全員緑帯を締めています。まずその緑帯にビビッてしまいます。「先生、あいつら緑帯ですよ。」
時間がかなりあいていたので、ほかの試合を見て戻ってくると、円陣を組んでなにやら作戦会議のようなことをしています。何を話しているのだろうと近くで聞いていると、「気合入れていくぞ!」「おおお〜(語尾が上がる)」という、整列して礼をした後にかける変な掛け声の練習を一生懸命やっています。
また別の試合を見て戻ってくると、今度はなにやら怒っています。
「明野のやつらにブタって言われました。」
絶対勝って見返してやる、と、理由はさておき妙な盛り上がりを見せていました。
そしていよいよ試合開始。
先鋒が一本負け。次鋒が取りきれず引き分け、さっきまでの元気はまったくなく、控えで泣きそうな顔になってます。中堅が一本負けで、0−2で副将戦です。この絶体絶命のピンチをあの男が救います。そう、望星旗の代表戦に出して負けちゃったNNです。自分より大きい相手にひるむことなくがっちり組みあい、見たこともないような払い腰で一本勝ち。一気にムードは高まり、大将のK大も後袈裟固で一本。さあ、またまた代表戦です。今日はK大でいきます。相手は一番小柄な先鋒の子です。いきよいよく出て行くK大。おもいっきり背負いでぶん投げられちゃいました。あまりに見事な背負投だったので、爆笑しながら拍手を送ったベンチの2監督プラス1コーチでした。
この試合1時間前からの彼らの様子と、試合の中での彼らの気持ちの変化。本当に面白くてすばらしい仲間だなと思いました。そんな意味合いの「爆笑」だったのです。負けて監督が爆笑しているなんて、って批判があったようですが、そんなの関係ない。最高の子供たちという意味なのですから。

故小林先生の思い出と、楽しい少年柔道に浸ったとても良い一日でした。
春日柔道クラブのご父兄の皆さん、本当にお疲れ様でした。
いたらない監督でしたが少しはお役に立てましたでしょうか。
来週松本に行かれる方は、がんばって楽しんできてください。
| 高野 賢司(たかの けんじ) | 柔道のこと | 15:54 | comments(29) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:54 | - | - |
昨日は遅くまで御苦労さまでした。

久しぶりに楽しい時間を過ごすことができました。

やっぱ、同級生ってのはいいですね。

また近いうちにやりましょう!
| まさひー | 2007/11/19 8:32 PM |

たかの先生へ

石下の大会、お疲れ様です。

やっぱり優勝したのは春日でしたね。
僕はうれしいです!

あと、高学年のBチームや低学年も頑張ったと思います。

今度の日曜日にある、醍醐杯に僕も出ます!

安田学園も出るそうですね。

一緒に醍醐杯、頑張りましょう!

鷹丸
| 鷹丸 | 2007/11/19 9:01 PM |

早速の更新、さすがです。二日酔いではないですか?
昨日は大変な労力でした。
でもそれだけに楽しいひとときを過ごせました。
あれくらい、和やかな雰囲気で試合をしてもらいたいと思います。

夜の部も楽しかったです。
Yちゃんはいったいどこへ。。。。

<追伸>
責任を取って坊主にしてみました。
木曜、お会いしましょう!
| 5669 | 2007/11/19 11:51 PM |

>まさひー
夜遅くまでつき合わせちゃってすみませんでした。最後に食べたウエンディーズのハンバーガーは、リバースしたのは言うまでもありません。

>鷹丸
みんながんばってたよ。
稽古のときもあれくらい真剣にやればいいのにね。
醍醐杯はリラックスして楽しんできてください。

>5669
お疲れ様でした。また2人で行きたいですね。もう少し小さな大会にでも・・・
坊主?俺もしようかな。
| たかの | 2007/11/20 7:44 AM |

高野先生、石下の大会、監督お疲れ様でした。
 高学年、低学年共にみんな頑張りましたね。
 とくに低学年は、白熱した!試合だったんですね。
 きっとみんな、勝ち負けより・・・それ以上に素晴らしい
 経験になったと思います。

 今週の醍醐杯、6年生の『小兵軍団』・・・
 最初で最後のチビちゃん5人の団体戦!!
 小学生の集大成!一緒に頑張ってきた仲間と
 小さい5つの「力」を合わせ!大きな「力」に!!
 子供達の心に残るような、そんな『松本の陣』(^^)'に
なるといいな”と思っています。

 ・・・高野先生も坊主@@”ですか〜!
 

 
| 浅草・・・ | 2007/11/20 9:51 AM |

春日柔道クラブ強いですね。
でも講道館の更衣室での態度がちょっと気になります。
高学年の子数人が、道衣を広げて、こっちが通ろうとしてもそのままにしてたり・・・。
一応一般道場生は年上の先輩ですから、挨拶とかもちゃんとしたほうがいいような気がします。まあ一部の子ですが・・・
| とおりすがり | 2007/11/20 11:40 AM |

高野先生 石下大会お疲れ様&有り難う御座いました。
何で笑うかと思いましたがそういう理由があったんですね!
ほんとあれだけ綺麗に技がかかり負けたのである意味気持ちは晴れ晴れと言うかすっきりしました。(K大は悪いけど)
Nは試合での立ち技の一本勝は久々だったと思います。
最近、気が散漫で練習に身が入らずチンタラ柔道ばっか
しかし、あの一本勝で何かふっ切れたようです。
この勢いで醍醐杯もと言いたいのですがお調子者ですから
どうなる事やら!
でも最高の3年生の特攻野郎5人組みでしたね!
今後も子供達の指導宜しくお願い致します
PS 
Nが学校から帰って来ましたらコメントするそうです


| Nパパ | 2007/11/20 12:16 PM |

お疲れ様でした。
うちの子達が、「あのカッコイイ人は、だれなの?」と聞いてくるので、「ウルサイ!俺の方がカッコイイだろ!」と一蹴しておきました(爆)
今回は、春日の子供達と対戦することも出来ないくらいに早く負けてしまいました・・・。
いつか、堂々と渡り合える位に高めて行ければと思います。
うちの子達だって、最高ですよ!(笑)
| ガツ | 2007/11/20 12:30 PM |

KYさん、イヤ間違った、とおりすがりさん。

そうですか、子供達が失礼しました。
指導員は更衣室が違うので見落としていました。
今度、先輩として注意してみてください。

それでも効果がなければ、私、小室宏二に直接
言いに来てください。
| 5669 | 2007/11/20 1:47 PM |

>浅草・・・さん
松本で小兵旋風巻き起こしてきてください。
なんか楽しそうなので、新幹線で見に行っちゃおうかな〜。
YOUも来ちゃえばいいじゃん!ってジャニー醍醐が言ってくれるといいんだけど。

>とおりすがりさん
本当に耳の痛いお話です。ご指摘いただいているようなことは目に浮かぶ光景です。
講道館で柔道の修行をしているという自覚がまだまだ足りないと思います。
対外試合に行っても周りからそういう風に見られていると思うと「ぞっ」とします。
私も指導員の末端ですが、指導員一同今後はきっちり指導していくよう心がける所存です。
また、指導員の目の届かない場所(更衣室内など)でそのようなことがあれば、ビシビシ指導してやってください。
よろしくお願いします。

>Nパパさん
昨日は本当にお疲れ様でした。また、試合の結果は残念でしたが皆納得いく試合だったのではないかと思います。
Nもまだまだこれからですから、目先の勝敗にとらわれず大きな技を思い切って掛けていくようにしてほしいですね。
Nのコメント楽しみにしてます。

>ガツ先生
子供は正直ですね。すぐにかっこいいことがばれてしまいます。
今度ゆっくりお茶でも飲みながら・・・



| たかの | 2007/11/20 1:56 PM |

>5669
あれ、コメント書いている間に横入りされちゃった!
柔道以外の指導(柔道としての道徳教育)については、何か対策を打たないといけないかもしれませんね。
| たかの | 2007/11/20 2:00 PM |

了解です。
では木曜のミーティングで♪
| 5669 | 2007/11/20 2:21 PM |

 日曜日はありがとうございました。
もう少しで勝てたのに残念!大将戦はとてもドキドキします。k大もぼくもこれからもっと真面目に稽古して技をみがいていきます。得意技は伝説の払い腰と高野家秘伝の出足払いになるようにこれからも頑張りますので応援してください。
| ノブです | 2007/11/20 3:16 PM |

それで今日遅刻してきたら、お前も坊主じゃ↑
| 5669 | 2007/11/20 3:50 PM |

本当に、お疲れ様でした。月曜は、疲れが抜けず、朝の仕事が大変辛かったです。

両監督のお陰で、胸に刻み込まれる様な試合の一日でした。

少し、補足をさせて頂きます。

小室先生は審判と監督の掛け持ちの為、高野先生と私で、試合番号16−18当たりに集中した春日の殆どのチームの出場が重なった時間帯のやりくりが、大変でした。中学生は、大人だな、と思える位、自主自立の精神で試合を乗り切っていました。

さて、特攻野郎Aチームですが、、、
可愛い、小学校低学年だけあって、コーチ、ウチのチームを見に来てよ、なんて殊勝な事を言ってます。

やりくりが付いたので、見に行くと、NNがいきなりびびり始めて、相手が大きい、、、といって試合前から後ずさりをしていました。

何やってんだNN、0−2のビハインドで来ているんだから、思いっきりやって来い、と送り出すと、呼び寄せた後に、体捌きが効いた会心の払い腰で相手を投げ飛ばしました。

K大、お前が取って戻すんだ!!!と監督・コーチが送り出すと、後ろ袈裟固で一本勝ち。高野監督から”脇を〆て、相手の腕を抜かせるな”、という指示にもK大は固の形の様なアクションをして反応していました。日頃の練習で頭が真っ白になってからも!?先生の言う事を聞ける彼の能力・パフォーマンスと状態にも驚きました。

代表戦になったので、NNの顔を見ると、即座に反応して”俺はイイっす(出なくて)”、との答えられてしまいました。ビビらないで、こういう場合には、自分が行きます、って言うんだよ!!!と青春ドラマの様な一コマがありました。

そこで、代表戦では、お前が戻したんだから、託す!!!K大行って来い!!!と送り出すと、普段は仏様の様な顔が一変して大魔神の様な顔になったのみて、試合前に我々は凄過ぎる!!!と大爆笑してしまいました。(試合前なのに不謹慎でした、、、かね。)

そして、春日のビハインドを引っ繰り返そうと意気込みが全面に押し出し過ぎて、相手に懐深く跳び込まれて背負い投げを”見事に”喰らってしまった訳です。

全力を出し切った事に対する賛辞を含めて、我々は大爆笑してしまったのです。

そして、我々が大学生の頃、正に団体戦でこの様な状況となり、先生や先輩方が苦言を呈されたり、苦笑されたり、爆笑していた事を思い出し、当時に戻った様な心持に彼等がしてくれたのです。

粘り強く、試合をコントロールしていた彼等に、エールを送りたいと思います。

Dr.Terry
| Dr.Terry | 2007/11/20 4:54 PM |

>ノブ
お疲れ様!
あの払い腰は本当に良かったよ。
「k大もぼくもこれからもっと真面目に稽古して技をみがいていきます。」
この言葉を忘れずに、がんばってね。

>Dr.Terryさん
先生、本当にありがとうございました。
僕は、中学生は見なくても大丈夫だろうと思っていましたが、やっぱり女子は一年生だから誰かがいるのといないのでは大違いで、先生がいてくださって本当に助かりました。
特に女子Bチームが代表戦になった時は、きっちり判定勝ちして、先生の指示によるバックアップが光った試合だったと思います。
それと、T磨にテーピングをしていただいたり、役員席からピーナッツやみかんをくすねてきていただいたりと大活躍だったと、感謝しております(笑)。
結果は、高学年の優勝と良かったのでしょうが、それよりもベンチ3人が一番楽しんじゃった感じですかね。
またいつかご一緒できればと思います。
本当にありがとうございました。
| たかの | 2007/11/20 7:29 PM |

>Dr.Terry
同じく、非常に助かりました。ありがとうございます!
来年度は3人以上の指導者、優勝杯持参は必須事項ですね。
ホント、楽しませてもらえました。


ちなみに、昨日ノブは4:31に来ました。
(1分遅刻)
1分の遅刻さえ許さない僕ですが、
昨日は勘弁してやりました。

今日はちゃんと来るかな??
| 5669 | 2007/11/21 1:38 PM |

先生、醍醐杯 5669と応援来ませんか?二人が来て頂ければ子供達も「元気一杯百人力」 新幹線で3時間位ですよね! サプライズ応援待ってます!
| Nパパ | 2007/11/21 5:48 PM |

>5669
1分の遅刻のほうがもっと許せないですよね。意識が無い証拠です。
明日そのあたりを議題に居酒屋「けんじ」で会議としましょう!

>Nパパ
いやいや、子供たちの絶大なる信頼を誇るM井M博先生の監督ですから私などお呼びではありません。
新幹線ならもう少し早いですかね?
いやいや・・・
| たかの | 2007/11/21 6:01 PM |

 お忙しいとは思いますが・・・
 高野先生!松本でお待ちしています。
 
 早朝に、かっ飛びの車が出ますよね。ふふっ(^^#)
| えむ・・・ | 2007/11/21 6:41 PM |

ミーティングにオブザーバーとして、加えて下さい!
| ガツ | 2007/11/21 7:14 PM |

たかの先生

石下の大会は盛り上がったのですね。
お疲れ様でした。
この勢いで次に向かってくれればと思います。

明日はよろしくお願いします。
| 鷹父 | 2007/11/21 11:03 PM |

長野まで安全運転で行くから!
決してかっとばないです!
松本まで2時間目標!
| kana | 2007/11/22 9:28 AM |

1分遅刻したとき、ママと一緒に来ていました♪
得意げに払腰の打ち込みをしていましたよ。
ちょっと自信ついたかもしれません。

>M井M博先生
なんだかマゾみたいですね。
いや、本人が「俺はM」て言ってましたけど。。。
| 5669 | 2007/11/22 12:56 PM |

>えむ…さん
その車、相当危険ですね。

>ガツさん
超内輪な集まりですので、また今度お誘いさせていただきます。

>鷹父
こちらこそ。

>kanaさん
加齢臭の漂う車は、車酔いしますので。特にハーフの僕たちは。

>5669
過信になりそうなだけに注意しないといけませんね。
S志田先生とSMコンビですね。
| たかの | 2007/11/22 1:15 PM |

だから、イメージダウンになるでしょ!
| kana | 2007/11/22 1:48 PM |

たかの先生

昨日はご馳走様でした。

せっかくウコンを頂いたのに・・・
昼過ぎまで船酔い!?でした。

二軒目はちょっと若かったですね。
あの後、もう一度二軒目の店に行き
みごと玉砕しました。

少し反省していますが、若気の至り??
良しとしようと思います。

懲りずに、また、お願いします。



| 鷹父 | 2007/11/23 6:30 PM |

たかの先生へ

こんばんは!鷹丸です。

昨日は、鷹父がご迷惑かけました。

明日は醍醐杯です!

頑張って自分の力を発揮して、
死ぬ気で頑張ります!

鷹丸
| 鷹丸 | 2007/11/23 7:55 PM |

>鷹父さん
あの後行ったのですか?
こちらも、あの後また日本酒でウコンは効きませんでした・・・

>鷹丸
肩に力が入りすぎると技が出にくくなるから気楽にね!
| たかの | 2007/11/24 8:27 AM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ