指導日記

講道館、安田学園で柔道の指導をしている高野のブログです
<< 永昌寺2 | main | 大宮蓮見杯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大人のための柔道講座 中級編 「巴投げ」
みなさんこんばんは。
久しぶりの大人のための柔道講座です。
今日は最近のマイブームであります「巴投げ」をお送りします。

軽量級の選手は、ほとんどの選手が使うと思いますが、たまに中量級以上の選手でも使う人を見かけます。昔で言えば、中村均選手など上手かったです。

僕は、高校1年生の夏の合宿で、コーチに来られた筑波大学生のコーチに教えていただきました。その方は、元60以下級の強化選手で現在は講道館の職員をされています。M井M博先生とでも呼んでおきましょうか。

それでは解説します。
投の形の巴投げは、つり手側の足で掛けます(右組なら右足)が、一般的に試合などで見かけるのは引き手側の足(右組みなら左足)でかけるものがほとんどです。今回の巴投げも、僕は左組みですので右足で掛けております。

,泙此引き手側斜め後方へ移動しながら引き手つり手の両方を使って相手を崩します。

▲織ぅ潺鵐阿鬚呂って、右足が畳につくはずの瞬間を、畳につけずに振り子のように利用して相手の体のできるだけ真下に入れるようにかがみこみます。

A蠎蠅梁咾侶襪嗅椶里△燭蠅魃βの指の付け根の辺り(かかとのほうでは効果が無い)で蹴り上げるようにしながら、引き手で弧を描くようにして相手を一回転させます。

では、動画でご覧ください。





ポイントは、タイミングを見ながら崩す際に、相手の足(自分の引き手側の足)が一歩前に出ているというところです。足が下がっているときに掛けると、その足を前に出して防がれてしまいます。足が出てから掛ければ、もう出す足はありませんので、あとは投げられるだけです。

以上のことをふまえながら、巴投げをやってみてください。
意外に簡単ですので大きな相手でもなげられますよ。
| 高野 賢司(たかの けんじ) | 大人のための柔道講座 | 21:25 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:25 | - | - |
私は、背負投で肘を痛めたので、大学に入ってから、やむを得ず、巴投を覚えました。
教わったのは、やはり横巴投。右組の私なら、左足で掛けて左に落とします。でも、不器用だった私は、上手くできませんでした。どうしても、左足がしっくりこないんです。
結局、右組のまま、右足で掛けて、右に落とす変則の横巴になりました。
後に、女子のカレン・ブリッグス(だったかな?)が全く同じ掛け方をしていて、ちょっと、嬉しかったけど・・・。
| ガツ | 2008/03/16 12:06 AM |

>ガツ先生
コメントありがとうございます。
あまり人気無いみたいですね、巴投げ・・・
| たかの | 2008/03/17 11:56 AM |

自分も寝技もするので巴投げするのですが
子供達にイマイチ捨て身技を教える気になりません
捨て身技に頼るときちんとした技が身に付かないような気がするので・・・
「おとなのための・・・」からずれてしまいますが、高野先生は小学生の捨て身技をどう思われますか
もし良かったら、考えをお聞かせ下さい
| ゆうけん | 2008/03/17 10:46 PM |

>ゆうけんさん
コメントありがとうございます。
僕も小学生に、捨て身技や返し技は必要ないと思います。
巻き込みの小内も嫌いなのでどうかと思ってます。
小学生はオーソドックスな技で十分じゃないですか?

ただ、「楽して投げる」ということがあながち間違いではないと僕は考えてます。
柔道の理合を追求すれば、最小限の力で相手を投げるところに行き着くのだと。
子供の頃から、そういう柔道を身に付けていけば、体力任せの柔道に負けなくなるのだと思います。

もしも捨て身技にその要素があるのであれば、他の技を修得している子供が「柔道の広がり」のためにおぼえても良いかなとは思いますが。
| たかの | 2008/03/18 7:42 AM |

お答え、有難うございます
自分も小学生に捨て身技はいらないと思ってましたが
頭ごなしにダメと言うのも問題なんですね
どの段階でどう指導するべきか、考えてみます
| ゆうけん | 2008/03/18 1:49 PM |

初コメになります。
勉強になります。
| たみちゃん | 2008/03/19 10:42 AM |

>たみちゃんさん
コメントありがとうございます。
適当なことばかり言ってますが、今後ともよろしくお願いします。
| たかの | 2008/03/19 10:47 AM |

小学生の巴投げですが、教えないと言うより、それよりも優先して教えるべき基本があると思っています。

しか〜し!

やられました。危なかったです。
http://plaza.rakuten.co.jp/judodistance/diary/200803260000/
| ガツ | 2008/03/27 10:53 AM |










    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ